スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目次

介護福祉士は今、最も注目されている資格のひとつです。
このブログでは介護福祉士の国家試験を受験する全ての人を応援します。

目次

高齢社会と介護

介護福祉士とは

介護福祉士の資格

介護福祉士の必要性

介護福祉士に必要な資質

介護福祉士に求められること

介護福祉士のやりがい

介護福祉士の資格を合格率90%で突破する方法

教材購入の豪華特典

介護福祉士の合格者に聞く

介護福祉士の受験資格の改正最新情報。
スポンサーサイト

高齢社会と介護

日本人の平均寿命は年々増加しており、2010年にWHOが発表した日本の平均寿命は

女性 86歳
男性 79歳

と世界でも超高齢社会であることが分かります。

それはつまり、介護を必要とする高齢者が増えるということを意味しています。


一昔前は、3世代家族、4世代家族が当たり前で、高齢者の介護は家族の誰かが行うのが普通でした。

しかし現代では社会構造の変化から、高齢者の介護は家族の手から福祉施設などの専門職に委ねられるようになっています。

つまり、福祉施設での介護という専門職の需要は一気に高まっているという訳です。

介護福祉士とは

介護福祉士とは、簡単に言うと介護のエキスパートです。

食事や排泄、衣服の着替え等の介護を専門として行います。

加速する高齢化社会に応じて介護に関する専門的な知識や技術は研究が進んでいます。

要介護者に対し、適切に介護をすることは満足感や幸福感を高めます。

そのように、高齢者の尊厳も大切にし、介護者である家族の負担を軽減するためにも介護福祉の専門家として介護福祉士があります。

介護福祉士は、ただ単に要介護者のお世話をするのではなく、介護福祉に関する専門知識や援助技術を併せ持ちます。

これから大いに活躍する場があると言えるでしょう。

介護福祉士の資格

介護福祉士という資格は国家資格です。

国家資格とは、法律によって定められた資格で、国、地方自治体、国の指定団体などが法律に基づいて認定し、求められる能力が高く、それが故に信頼性も高くなっています。

国家資格には「業務独占資格」と「名称独占資格」があります。

介護福祉士の資格は「名称独占資格」です。

名称独占とは、「資格を持っていなければその肩書きを名乗ってはいけない」ということです。


介護福祉士の資格を持っていなくても介護の仕事をすることはできますが、

「介護福祉士」と名乗ると違法になります。

介護福祉士の必要性

介護福祉士の資格は名称独占です。

資格がなくても介護の仕事をすることができますが、介護福祉士と名乗ることは許されません。


介護とは食事や排泄、衣服の着替えなどの日常行為の手助けで、専門性があるようには見えませんが、

実際のニーズはその人の持つ障害、生活暦や性格によってもさまざまになります。


それら、たくさんのニーズに応えるには専門的な知識と高度な技術が必要になります。

それらの技量を評価・認定し、介護の専門家として職業的な地位を保証するために介護福祉士の資格があります。


ですので、介護福祉士の資格を持っているか否かで、利用者はもちろんのこと、事業者や家族の信用の度合いも大きく変わってきます。

就職に関しては資格取得・資格所持を条件とするところが多いでしょう。
プロフィール

東

Author:東
こんにちは、東です。

少子高齢化が進み、これから介護業界の需要は益々強まります。

団塊の世代が介護される側に回る時、介護する立場の人数はあきらかに足りません。

質の良い介護。利用者本位の介護。
個に応じた介護が求められるでしょうね^^

東に質問の方はコチラからどうぞ

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
オススメリンク集
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。