スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護福祉士のやりがい

一般的に介護という仕事は「きつい」というイメージがあります。

確かに、食事や排泄、着替えや入浴の介助もありますのできついイメージは中々離れないでしょう。

介護福祉士の仕事を選んだ人たちの多くは

「人の役に立つこと」にやりがいを感じています。

きびしい反面、やりがいも大きい仕事だと言えるでしょう。


また、雇用面で考えると、資格を持っていることで給与面などの労働条件が良くなり、責任のある仕事を任されることもあり、働き甲斐があると思われる方も多いようです。
スポンサーサイト

介護福祉士に求められること

近年、何らかの支援を求める人が急増しています。

これらの人を援助する能力は、単なる労働力ではなく、介護福祉の理念を基本に持っている必要があります。

その理念とは

・利用者本位

・専門的サービスを提供

・プライバシーを保護

・総合的サービスの提供と積極的な連携

などが揚げられます。

つまり、これらが介護福祉士に求められる具体的な事柄となります。

介護福祉士に必要な資質

介護の仕事は「人」を相手にする仕事です。

つまり介護福祉士は「人」を相手に介護する専門家です。

高齢者や障害者の生活と関わりながら「その人らしい」生活の実現に向けて援助する仕事でもあります。

関わりの中では利用者だけでなく、利用者の家族や利用者に関わる他の業種の人間とも関わります。

ですので「人」と接することが上手で、且つ協調性が求められるでしょう。


また、利用者はそれぞれ生活観や人生観が違います。

介護は利用者個人の価値観に基づいて生活を援助する必要がありますので、その人の考え方や価値観を尊重する姿勢も重要となります。

介護福祉士の必要性

介護福祉士の資格は名称独占です。

資格がなくても介護の仕事をすることができますが、介護福祉士と名乗ることは許されません。


介護とは食事や排泄、衣服の着替えなどの日常行為の手助けで、専門性があるようには見えませんが、

実際のニーズはその人の持つ障害、生活暦や性格によってもさまざまになります。


それら、たくさんのニーズに応えるには専門的な知識と高度な技術が必要になります。

それらの技量を評価・認定し、介護の専門家として職業的な地位を保証するために介護福祉士の資格があります。


ですので、介護福祉士の資格を持っているか否かで、利用者はもちろんのこと、事業者や家族の信用の度合いも大きく変わってきます。

就職に関しては資格取得・資格所持を条件とするところが多いでしょう。

介護福祉士の資格

介護福祉士という資格は国家資格です。

国家資格とは、法律によって定められた資格で、国、地方自治体、国の指定団体などが法律に基づいて認定し、求められる能力が高く、それが故に信頼性も高くなっています。

国家資格には「業務独占資格」と「名称独占資格」があります。

介護福祉士の資格は「名称独占資格」です。

名称独占とは、「資格を持っていなければその肩書きを名乗ってはいけない」ということです。


介護福祉士の資格を持っていなくても介護の仕事をすることはできますが、

「介護福祉士」と名乗ると違法になります。
プロフィール

東

Author:東
こんにちは、東です。

少子高齢化が進み、これから介護業界の需要は益々強まります。

団塊の世代が介護される側に回る時、介護する立場の人数はあきらかに足りません。

質の良い介護。利用者本位の介護。
個に応じた介護が求められるでしょうね^^

東に質問の方はコチラからどうぞ

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
オススメリンク集
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。