スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高齢社会と介護

日本人の平均寿命は年々増加しており、2010年にWHOが発表した日本の平均寿命は

女性 86歳
男性 79歳

と世界でも超高齢社会であることが分かります。

それはつまり、介護を必要とする高齢者が増えるということを意味しています。


一昔前は、3世代家族、4世代家族が当たり前で、高齢者の介護は家族の誰かが行うのが普通でした。

しかし現代では社会構造の変化から、高齢者の介護は家族の手から福祉施設などの専門職に委ねられるようになっています。

つまり、福祉施設での介護という専門職の需要は一気に高まっているという訳です。
プロフィール

東

Author:東
こんにちは、東です。

少子高齢化が進み、これから介護業界の需要は益々強まります。

団塊の世代が介護される側に回る時、介護する立場の人数はあきらかに足りません。

質の良い介護。利用者本位の介護。
個に応じた介護が求められるでしょうね^^

東に質問の方はコチラからどうぞ

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
オススメリンク集
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。