スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護福祉士の必要性

介護福祉士の資格は名称独占です。

資格がなくても介護の仕事をすることができますが、介護福祉士と名乗ることは許されません。


介護とは食事や排泄、衣服の着替えなどの日常行為の手助けで、専門性があるようには見えませんが、

実際のニーズはその人の持つ障害、生活暦や性格によってもさまざまになります。


それら、たくさんのニーズに応えるには専門的な知識と高度な技術が必要になります。

それらの技量を評価・認定し、介護の専門家として職業的な地位を保証するために介護福祉士の資格があります。


ですので、介護福祉士の資格を持っているか否かで、利用者はもちろんのこと、事業者や家族の信用の度合いも大きく変わってきます。

就職に関しては資格取得・資格所持を条件とするところが多いでしょう。
プロフィール

東

Author:東
こんにちは、東です。

少子高齢化が進み、これから介護業界の需要は益々強まります。

団塊の世代が介護される側に回る時、介護する立場の人数はあきらかに足りません。

質の良い介護。利用者本位の介護。
個に応じた介護が求められるでしょうね^^

東に質問の方はコチラからどうぞ

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
オススメリンク集
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。